Crypto

【bitFlyer(ビットフライヤー)】取引所と販売所の違いとメリット・デメリットを解説

こんな方におすすめ

  • 販売所と取引所の違いを知りたい
  • bitFlyer(ビットフライヤー)での実際の違いがあるか知りたい

仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」の2つがあり、どちらでも仮想通貨を購入できます。

2つの違いについて、ビットフライヤーを例に解説していきます。

この記事でわかること

  • 取引所と販売所では、取引相手・手数料・扱う仮想通貨の種類が違う
  • 取引所と販売所にはそれぞれメリット・デメリットがある

取引所と販売所の違い

3つの違い

  • 取引相手
  • 手数料
  • 取り扱う仮想通貨の種類

取引相手

「取引所」と「販売所」の一番の違いは取引相手です。

取引所では、取引相手は他のユーザーです。価格はユーザー間の需給によって決まります。

一方、販売所では、取引相手はビットフライヤーです。

ビットフライヤーが提示する価格でしか売買することができません。

手数料

手数料は、取引所より販売所のほうが高くなります。(取引所<販売所

「ビットフライヤーでは販売手数料が無料と書いてあるのになぜ?」と思った方もいるかと思います。

その理由はスプレッドの差です。

手数料とスプレッドの違い

  • 手数料 → 売買の際に取引額から支払うもの
  • スプレッド → 買値と売値の差額のこと

イメージをお伝えすると、

取引所はユーザーに取引の場所を提供しているだけなので、それほど維持費がかかりません。

場所の利用料を安く設定しても運営できるわけです。

一方、販売所は一般的な店舗型販売所のように、サービスを提供するのに高い維持費が発生します。

そのため、仕入れた商品(仮想通貨)に高めの利益を上乗せして販売しているというわけです。

実際金額にしてどのくらい変わるか、ビットフライヤーの「販売所」と「取引所」を比べてみましょう。

取引所で1BTC購入する場合

取引所では約3,364円の取引手数料がかかります。

(1BTC=2,242,788円、取引手数料0.15%で計算した場合)

取引所の板取引

販売所で1BTC購入する場合

販売所では134,831円のスプレッドがかかります。(売値(2,179,741円)と買値(2,314,572円)との差)

左が売値で、右が買値です。(2023年1月8日時点)

販売所の売値
販売所の買値

取り扱う仮想通貨の種類

取引所取扱銘柄数
bitFlyer全18銘柄
・販売所:18
・取引所:5
Coincheck全19銘柄
・販売所:17
・取引所:6
GMOコイン全23銘柄
・販売所:20
・取引所:21
DMM bitcoin全24銘柄
・販売所(現物):17
・レバレッジ:24 ※取引所なし
bitbank全22銘柄
・販売所:20
・取引所:22

取引所と販売所のメリット・デメリット

取引所のメリット

  • 手数料が安い
  • 注文方法が複数ある →「成行注文」と「指値注文」

取引所のデメリット

  • 取引所で購入可能な仮想通貨が少ない
  • 初心者には取引が難しい

販売所のメリット

  • 取引時間が早い
  • 取引方法が簡単で初心者にも使いやすい

販売所のデメリット

  • 取引にかかる手数料(スプレッド)が高い

まとめ

この記事でわかること

  • 取引所と販売所では、取引相手・手数料・扱う仮想通貨の種類が違う
  • 取引所と販売所にはそれぞれメリット・デメリットがある

上手に使い分けて、コスト抑えながら利用しましょう。

  • この記事を書いた人

ポノ

元公務員。資産運用歴5年。仮想通貨は6桁運用。残りの人生をクリプトにコミットしようと決る。好きなゲームで稼ぐ方法を追求しGameFiを始める。web3時代の稼ぎ方のリアルを提供します。

-Crypto